フリーランスとして活躍しているWEBデザイナーもたくさん見られます。

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

フリーランスとして働く

WEBデザイナーの仕事のいい所は、将来的には独立して仕事のできる所にあります。
このため、現在WEBデザイナーの仕事をしている人の中にはフリーランスとして、特定の組織に所属することなく仕事をしている人もいます。
フリーランスのWEBデザイナーとして仕事をする場合、平均年収を見ると、おそらく正社員のWEBデザイナーの平均年収とあまり大きな違いはなくなるはずです。
しかし中身が問題で、ピンキリの差が正社員よりも格段に激しくなります。
年収1000万円越えを果たしているようなWEBデザイナーがいる一方で、年収で100万円に届かないような人もいます。
フリーランスのWEBデザイナーの場合、人によって仕事への取り組み方はまちまちです。
「食っていければいい」くらいの気持ちで安い仕事でも受けている人もいます。
たとえば主婦をやっていて、少し家計の足しにでもなればというアルバイト感覚で行っている人もいて、その場合にはそれほど年収も大きくなりません。
しかし中には、かなり本格的にハードなスケジュールで仕事をしている人もたくさんいます。
しかしもし年収800万円を超えてくるのであれば、法人化をした方がいいです。
その方が税務的にも有利になるからです。