WEBデザイナーとして仕事をした場合、将来性はどのような感じなのでしょうか?

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

将来性はどうか

職業選びをするにあたって、将来にわたって安定した経済基盤を築けるかどうかという所を重視する人は多いはずです。
将来性という部分で見た場合、WEBデザイナーはどうなのでしょうか?
1990年代の後半から登場してきたインターネットは、この20年足らずの間に急速に普及しました。
その結果、今ではお茶の間の情報ツールとしてもはや欠かせない、日常生活に深く根差したメディアといえます。
メディアの運営というのは、広告費によって賄われている所があります。
インターネットの世界における広告費の推移を見てみると、4大マスメディアといわれるテレビと新聞、雑誌、ラジオの中でもラジオと雑誌をすでに広告費の中では抜いてしまっています。
広告費で見れば、インターネットはすでに3大メディアの一角を占めているのです。
これは各企業が人々に自社や商品を知ってもらうためにインターネットを活用するのは高い効果があると認識しているからこそとも言えるわけです。
インターネットを使って現在では、動画を閲覧できます。
ネットバンキングを使ってお金の管理もできれば、通販サイトを使ってネットショッピングも可能です。
このように使い道も多様化しているので、当分の間はインターネット、そしてそこに携わるWEBデザイナーも安泰といえるのではありませんか?