これからWEBデザイナーとしてのキャリアをスタートさせるのであれば、資格があった方がいいです。

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

資格は必要か

基本的に特殊な資格がなくても、WEBデザイナーとして活動することは可能です。
しかし会社がWEBデザイナーとして採用するにあたって、WEBデザインのスキルや知識をきちんと持っているかどうかはやはり確認しておきたいところです。
そこで会社がWEBデザイナーを採用する場合にはまずチェックするのは、実務経験を持っているかどうかです。
実務経験をそれなりに持っている人であれば、仕事のノウハウを持っているので即戦力として重宝すると判断できます。
もし実務経験を持っていないのであれば、今度は関連する資格を持っているかどうかをチェックするでしょう。
資格を持っているということは、WEBデザイナーとして必要な知識やスキルを一定レベルで持っていることの客観的な証明になります。
実際IT関係の企業で採用の担当をしている人の中には、履歴書に書かれている資格で、注目するような資格もあるといいます。
これから本格的にWEBデザイナーとしてのキャリアをスタートさせたいと思っているのであれば、関連する資格をまずは取得してみてください。
WEBデザイナーとして仕事をするために有利な資格はいくつかあります。
その中で興味の持てそうな資格を何かピックアップしてみましょう。