Webデザイナー検定はより実践的なスキルを交差するための試験といわれています。

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

Webデザイナー検定

関連資格の中でもWebデザイナー検定もWEBデザイナーとして今後活躍していきたいと思っている人にはお勧めの資格といえます。
画像情報教育振興協会という財団法人が運営している資格で、1〜3級までも試験が実施されています。
WEBデザイナーとして、より実践的な問題が多く出題されていて、バランスよく問題が作られていると評判です。
WEBデザイナーとして活躍していきたい人は、Webデザイナー検定も取得しておきたいところです。
出題範囲を見てみても、かなり広範囲に及んでいることがわかります。
コンセプトメイキングなどの作成の準備段階からウェブページのデザインを実際に作り上げていく作業、制作工程が終わった後のテストや評価、そして実際にサイトの運用に至る所まで、幅広く問題が出題されています。
このため、試験勉強するためには、幅広い知識を身に着けている必要があると思っておいてください。
またWEBサイトを作った場合、そこには知的財産権が発生します。
この知的財産権に関して糖問題も出題されますので、しっかりと勉強しておく必要があります。
3級試験がベーシックなスキルについてチェックをする試験なので、専門性の高い資格を取得したいのであれば、2級試験、現在ではエキスパートと呼ばれる試験を受けて合格しておきたいところです。