苦手な英語でも翻訳サイトを使えば簡単な資料なら翻訳することができます。

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

英語は大切

学生時代英語をまじめにやっておけば良かったと誰もが思います。
私は学生時代英語が大好きで、なおかつ外国人と接する機会があったので、学生時代は私の英語黄金期でした。
しかし、それからほとんど機会もなく英語を学ぶ環境にもないために見る見るうちに衰退していきました。
そのため極簡単な会話さえもできなくなりました。
しかもそんな時にかぎってとても大切なシーンなのです。
英語が必要なるときというのは急にやってくるものです。
語学留学でもしておけばよかったといまさら後悔しても無意味なのですが、そう思うのです。
そんなわけですから英語の資料がきてもなんのことやらさっぱりわかりません。
そんなときはWEB翻訳の登場です。
資料をそのままコピーしてペーストするだけです。
WEB翻訳もサイトによってずいぶん違うものです。
私でもまちがっていることに気がつくほどのものもあります。
笑えるネタになりそうなものもあります。
ですからいくつかの翻訳サイトですりあわせる必要があります。
なんて便利なのだと感心していると、翻訳サイトを利用してから数日間は英語教材の広告が表示されます。
まるであなたもっと英語勉強した方がいいんじゃないのといわれているかのようです。
それは行動ターゲティリングが働いているからです。