WEBデザイナーの勉強経験が全くない人は、手始めにホームページ制作能力認定試験を受けてみるのはいかがですか?

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

ホームページ制作能力認定試験

まだホームページを実際に作成したことがないという初心者であれば、まず手始めにホームページ制作能力認定試験を受けてみるのがいいかもしれません。
初心者用の試験となっていて、出題されている問題もさほど難しくはありません。
文字通り、ホームページを制作するにあたって必要な知識やスキルに関して考査するための試験です。
初心者用の試験なので、この資格を持っていれば、すぐにWEBデザイナーとしてどこかの会社に採用されるということはないでしょう。
しかしホームページ制作能力認定試験を受けることで、キャリアの第一歩を踏み出せたという実感が湧くのではありませんか?
学歴や年齢をはじめとして、特別な受験資格なども用意されていないので誰でも受験できます。
60分間で試験が実施され、60%以上の正答率であれば資格を手にできます。
合格率を見てみると、90%以上で推移しているので、きちんと勉強をすれば合格はほぼ間違いないといってもいいかもしれません。
コンセプトとテーマ、使用、素材といったものが提示されますので、それで1つのWEBサイトを作成してもらいます。
学科試験は全くなく、実技試験だけが実施される試験です。
ホームページ制作ソフトのヘルプ機能などは使用可能です。

RECOMMEND