ブログのようなホームページ上にはとてもおもしろい連載小説が掲載されていました。

WEBデザイナーの仕事内容
WEBデザイナーの仕事内容

いろいろな宣伝手段

ブログというのかホームページというのか結局は宣伝目的なのですが、彼女は自分のホームページを持っていました。
WEBを閲覧する人はかなりの数にのぼるのでそれらの人を対象に宣伝するというのは効果的です。
しかしそのホームページはサービスの宣伝もしているのですが、なぜか連載小説が掲載されています。
一人の独身女性が主人公の連載小説です。
これは結末があらかじめきまっていてそこにむかっているのか、それとも主が気の向くままに書いているのかわからない小説です。
なかなかおもしろい小説でした。
広告というのはいろいろな形があるものです。
しかしこれほどネットで自由に表現できるようになったことにはさまざまな弊害もあります。
たとえばネット上で特定の人を非難中傷したり、プライバシーに関する写真や情報を流したりと倫理にかける行いをする人たちが増えていることです。
さまざまな規制やルールはあるものの、ある意味無法地帯ともいえます。
顔が見えないことをいいことに人を傷つけるようなことを平気でおこなっているのです。
一定のルールや良心に従うことは必要です。
社会のゆがみともいうことができます。
便利なものを使う際に代償が伴うのかもしれません。